どのタイプがお勧め?給湯器の種類あれこれ

色々選べるガス給湯器

現在、最も普及しているのがガス給湯器です。原理も単純で、各過程に配線されている都市ガスやプロパンガスを利用して水を沸騰させます。台所や洗面所などに設置されている小型タイプの物から、浴室に設置される大型、業務用に設置されている物など様々であり、近年では、1戸に対して1つの大型ガス給湯器で全てを管理するようにもなっています。安定した性能を持ちますが、静音性能と排気ガスに難がある為、住宅密集地ではあまり向きません。

電気で賢くエコに貢献?

オール電化などの普及に伴い、近年増えてきたのが電気給湯器です。仕組みには2種類あり、熱交換式と、電熱ヒータ式で、双方とも作成したお湯を貯湯タンクに保存しておきます。電気給湯器は、電力会社が指定している深夜の割安時間帯を利用してタンクにお湯を溜めておき、昼間のうちにそれらを利用する事で、他の給湯器よりもコストを抑える事が可能です。反面、昼間に貯湯がなくなった場合には、昼に沸き増しを行い、貯まるのを待たなければならない、と言うデメリットも存在します。

2つをあわせたハイブリッド給湯器

幾つかの給湯器が存在しますが、最も普及しているガス給湯器と、最もコストが低くできる電気給湯器を組み合わせたハイブリッド給湯器と言う物が存在しています。風呂などの大容量の水を一気に温める場合には、安定性と速さのガスを利用し、水道利用などの少量時を貯める場合には、電気を利用します。それぞれの得意とする分野を生かすことで、給湯がスムーズに行われ、更に安定した性能を発揮してくれます。かつては価格面での問題がありましたが、昨今、他の給湯器と然程変わらない価格になってきました。

給湯器の相模原ならば、最新式の機種がそろっていますし、修理にも対応していますから、とても頼りになります。