粗相はしたくない!結婚式で気を付けるべきこと

返信はがきをできるだけ早く書く

結婚式に参加するということは、それほど頻繁にあることではありませんよね。なので、ついつい参加するたびに作法を忘れてしまうもの。知らないまま結婚式に臨むと思わぬ恥をかくことにもつながりませんから、しっかりとマナーの確認をしておきたいところです。結婚式のマナーの基本中の基本、それは返信はがきを返すことです。招待状が来たらすぐに返信はがきを返さなければなりません。遅くとも1週間以内に返信できるようにしましょう。

ご祝儀の準備のマナー

結婚式に出席するときに、いちばんの悩みどころがご祝儀ですね。相手との関係にもよりますが、どの程度のお金を包んだらマナー違反にならずに済むのでしょうか。基本的に、友人や同僚の場合、2万円から3万円程度が相場なようですが、ここでもまた気を付けるべきことがあります。数字的に割り切れてしまう金額は不吉なので、できるだけ割り切れない数字の金額を用意しなければいけないということです。奇数の金額を包むように心がけましょう。

スピーチや余興の目安

結婚式にスピーチや余興を頼まれている場合、新郎新婦のために骨を折ってあげなければいけません。しかし、スピーチや余興にも当然のことがながらマナーがあります。たとえば、スピーチならば長すぎず短すぎない時間配分が要求されます。長すぎれば退屈させてしまうことになりますし、短すぎても心がこもってないと思われてしまうでしょう。余興も与えられた時間の中でこなさなければなりません。またあまりはしゃぎ過ぎないように注意する必要もあります。

挙式方法を満足できるものにするなら代官山の結婚式場からチョイスしましょう。素晴らしい会場がたくさんあります。