どれにする?結婚式で喜ばれる引き出物3選

定番のカタログギフト

結婚式に出席してくれた人には引き出物を渡すのが通例です。どんな引き出物にするか、新郎新婦は頭を悩ませるところですが、定番はカタログギフトですね。受け取った人が自由に商品を選べるので、これが一番無難な引き出物といえます。カタログギフトといっても予算別にいろいろな種類があり、選べる商品に違いがあるのでじっくりと決めてください。近年では、品物ではなくレストランでの飲食やエステなど「体験」を受け取れるカタログギフトもありますよ。

お菓子などの「消え物」も定番です

引き出物は、こだわりが強すぎると相手との趣味が合わずに残念な結果になってしまうこともあります。それを避けるために、お菓子などの利用するとなくなってしまうもの(消え物)にするのは無難な選択です。お菓子の場合は、賞味期限がなるべく長い商品やブランデーなどのアルコールを使っていないものを選ぶといいでしょう。また、消耗品という意味では、タオルもおすすめです。タオルは誰もが使うものであり、持ち帰るときも軽いので負担になりません。

相手によって内容を変えるのもアリ

結婚式は老若男女が集う場なので、統一された引き出物で全員を満足させるのは難しいのが実情です。だからこそカタログギフトが重宝されるのですが、心のこもった結婚式にしたいのであれば、相手に応じて異なる引き出物を用意することも可能です。性別と年代である程度の区別をつけて、別々の品物を渡すのです。たとえば女性向けであれば、メイク用の道具などが喜ばれます。引き出物に区別をつけるときは、渡しまちがいを防ぐために、式場スタッフとよく相談して準備してください。

長崎の結婚式場は、ほとんどの式場が海に隣接しているためロケーションは長崎の魅力的な海という式場がほとんどです。