結婚指輪をつける派、つけない派のそれぞれの理由

もちろんつける派の理由

結婚指輪をつける派の理由としては、何となくとか、つけるように言われているからといった意見が大半です。中にはつけていることで自分は既婚者、つまり勝ち組と独身女性に自慢しているという女性もいますし、男性ではつけている方が信頼性が増すからという意見もありました。つまり、何となくつけている人を除いては、結婚指輪をつけていることで、自分は既婚者であることをアピールし、それによって社会的に得られるであろう何らかのメリットを期待してつけている人が多いようです。

つけない派の意外な理由

つけない派に関しては、自分はまだ独身と偽って恋愛を楽しみたいとか、浮気をしたいといったあまりよくないイメージが先行するかもしれません。確かにそういった方もいますが、そうではなく現実的な理由でつけない人も多いようなのです。まずは太ってしまって指輪が入らないという方です。サイズを治してもらえばいいですが、面倒なのでそのままつけないといった意見です。また、仕事柄指輪をしていると危険、不衛生などの理由でつけない人も多いようです。

夫婦の信頼関係があればどちらでもよい

結婚指輪をつける派、つけない派の意見をそれぞれ見てきました。結婚指輪とは二人の永遠の愛を具現化してわかりやすくしたものです。つまり永遠の愛があれば結婚指輪はなくても問題ないのです。結婚指輪をするか、しないのかは要するにそれを持つ人の考え方次第なのです。もちろん浮気相手に既婚者とばれないようにしていないのは倫理上よくないですが、仕事のためにつけていないのは特に問題ないでしょう。結婚指輪は結婚式で使う儀式的なもの、二人の愛があればなくても問題ないはずです。

結婚指輪に選ばれる素材では、プラチナが人気です。貴金属の中でも最も希少とされていて、「変わらないもの、永遠のもの」の象徴としてジュエリー、特にマリッジリングには欠かせない素材です。