やってしまいがち!結婚指輪選びに失敗しないために注意する3つの事

可愛いと思った物が似合っているとは限らない!

結婚指輪は、様々なデザインがあり自分の好みのデザインが見つけやすくなっています。しかし気に入ったデザインを、いざ自分の指にはめてみると、思っていた物と異なっていたといった事がよくあります。指輪ははめる人に指の太さや長さやその人の雰囲気によって、輪の形や素材やデザインや色などが変わってきます。指輪を選ぶ際に失敗しないためには、お店へ行って自分に指にはめて購入する事が最も重要なポイントとなるでしょう。

指のサイズは変わっていく事もある!

女性は、出産をすると指に太さが変わると言われています。そのため結婚するタイミングで購入した指輪が、出産を終えた後に入らなくなったなんて事も起こる可能性があります。そうなった場合でも困る事のないように、結婚指輪を購入する際には、事前に指輪を購入した後にメンテナンスが出来るかどうかを確認しておく必要があります。中にはダイヤがしきつめられていて、サイズを直す事が出来ない物もありますので注意が必要になってきます。

結婚指輪は飽きのこないシンプルな物を!

結婚指輪は、婚約指輪とは違い毎日身に付ける物です。そのため冠婚葬祭の時に目立ってしまわないようにするためにも、様々なシーンに合うデザインを選ぶ必要性があります。またその結婚指輪を何十年と付ける事になるので、おばさんになっても違和感のない秋のこないデザインを選ぶ事もポイントとなります。どうしてもこのデザインがいいといったこだわりがあるのならば、おばさんになった時にまた買い直してもらえるようにお願いしておく事も1つの方法かもしれません。

1970年代にある企業のキャンペーンで「婚約指輪は給料の3カ月分」のキャッチコピーが大成功をおさめ、日本でのエンゲージリングの認知度を高めました。